息子も娘も母ロスの寂しさから立ち直るきっかけは話し相手をみつけること!

息子も娘も母ロスの寂しさから立ち直るきっかけは話し相手をみつけること!

息子が母ロスの寂しさから立ち直る恋愛は

 

長い間、一緒に暮らした母親が他界する・・。

 

 

ある程度、人の寿命が分かっているとはいえ、つらいことですよね。

 

 

子供が息子でも娘でも、母親を失った精神的ショックは計り知れません。

 

 

それは50代60代中高年になっても同じことです。

 

 

先日、私の知り合いで70歳の男性のお母さんが亡くなりました。

 

 

70歳のお母さんですから、もう90歳を超えています。

 

 

それでも、その人は母ロス状態になり、しばらく落ち込んでいました。

 

 

それだけ母親の存在は偉大で、子供は何歳になっても母ロスショックを引きずるもんなんだと思いました。

 

 

母親が亡くなって、初めて分かる寂しさやありがたさもあるでしょう。

 

 

しかし、あなたはいつまでたっても母親ロスの寂しさにしばられていてはいけません。

 

 

あなたの人生はまだまだ続くのですから、次の幸せを考えなければなりません。

 

 

あなたが母ロス状態でいることを、あなたのお母さんは決して喜びはしないでしょう。

 

 

 

母ロスの寂しさから立ち直るきっかけは

 

 

 

では、どうやって母ロスの悲しみから立ち直ればいいのでしょうか。

 

 

それは、もしあなたが独身ならば、一緒になれるパートナー探しを始めることだと思います。

 

 

まずは、あなたが家に帰っても寂しさを感じないように話し相手が必要です。

 

 

その話し相手は、友達でもなく、これからの人生をあなたと一緒に歩けるパートナーです。

 

 

あなたの年齢、再婚・初婚は全然気にする必要はありません。

 

 

最初は恋愛などする気になれないかもしれませんが、話し相手を見つけるつもりで登録してみはいかがでしょうか。

 

 

きっと、あなたの寂しさを癒してくれるパートナーが見つかると思います。