熟年の再婚で生じる問題は?財産分与に子供との年齢差?

熟年の再婚で生じる問題は?財産分与に子供との年齢差?

熟年の再婚で生じる問題は?財産分与に子供との年齢差?

 

熟年で再婚する時には、いくつかシビアな問題が出てきます。

 

 

一つは、お互いの親族や兄弟の年齢に関わってくる問題です。

 

 

例えば、熟年の再婚で若いお嫁さんが来てくれたとしましょう。

 

 

年齢65歳の旦那さんに50歳の奥さんという感じです。

 

 

普通なら、旦那さんには充分成人しているお子さんがいるでしょうし、ご兄弟もおられることでしょう。

 

 

旦那さんのご兄弟は、おそらく奥さんよりも年上ですよね。

 

 

この場合、年下の奥さんにお姉さんと呼ぶ関係になります。

 

 

また意外とよくあるケースが、自分の子供と同じような年齢の女性と再婚するパターンがけっこうあります。

 

 

再婚する本人は良くても、子供の立場から見れば、自分と同じ年齢くらいの人が新しいお母さんになるって賛成しかねますよね。

 

 

そして何よりもシビアなのが相続の問題です。

 

 

お互いに相続する財産や、親族や兄弟がいない場合は問題がありませんが、どちらかに資産がある場合、亡くなった時に相続する親族や兄弟間でもめ事が起きる可能性があります。

 

 

ひどい場合は遺産目当ての再婚と取られるケースもあり、今まで仲の良かった兄弟の絆が壊れてしまって悲しい思いをするケースもあります。

 

 

金銭的に余裕がある場合は、相続放棄という措置を取る事も出来ます。

 

 

相続の分配は揉めることが多々あるので再婚前にきっちり話し合うのも一つの方法でしょう。