熟年の再婚の問題!失敗して後悔する前に二人で作っておくルールとは?

熟年の再婚の問題!失敗して後悔する前に二人で作っておくルールとは?

熟年の再婚の問題!失敗して後悔する前に二人で作っておくルールとは?

熟年離婚後に再婚をしましたが、失敗して後悔を感じる時があります。

 

 

シニアや熟年と言われる年代は、お互い年齢を重ねていますので、趣味も好みもはっきりしています。

 

 

その趣味や好みが合えばまだいいのですが、実際一緒に過ごしてみないとわからないことは多々あります。

 

 

例えば生活習慣です。

 

 

日々一緒に過ごすことになれば、朝の起きる時間や寝る時間、食事の好みやキレイ好きの度合い、性生活の問題などの不一致も出てきます。

 

 

もちろん、それらがピッタリ一致するパートナーなど、ほとんど会うのは不可能なのですが、年齢を重ねていると、人間なかなか妥協できないものなのです。

 

 

若いうちは、こんなものかと割り切ったり、少しづつ妥協したりして、長い年月でお互い寄り添うように合わせていけます。

 

 

しかし、シニアや熟年となれば、その先の人生もそう長くはありません。

 

 

合わない人と、これからもずっと過ごすのはさぞ辛いことでしょう。

 

 

かといって、お互いの性格を理解して、すり合わせて行くには残りの時間が短すぎます。

 

 

その時は失敗と割り切って、新たな出会いを求めて別れるのも一つですし、少しづつお互いが寄り添っていけるなら、それもいいことだと思います。

 

 

いずれにしても、熟年世代が再婚するには共通の趣味が大事だと言われますが、決してそれだけではありません。

 

 

一緒に生活してみて違和感を感じた時に、二人で話し合うルールを最初に決めておいた方が良いのではないでしょうか。