昔と違う中高年の婚活事情!一番多いトラブルは家族の反対?!

昔と違う中高年の婚活事情!一番多いトラブルは家族の反対?!

昔と違う中高年の婚活事情!一番多いトラブルは家族の反対?!

中高年の婚活トラブル事情と家族

 

 

日本においては、離婚率が年々高くなっている現状があります。

 

 

結婚は一昔前までは個人の意思によって決められない場合も少なくありませんでした。

 

 

家と家の結びつきを深める為に行われる結婚や、会社の上司などの紹介でお見合いをして結婚をする場合も多くありました。

 

 

その為、何かしらの問題があったとしても家と家の問題に発展する為に、離婚は思いとどまる人も少なくなかったのです。

 

 

しかし現代社会においては価値観は多様化してきました。

 

 

家族や親や周囲の意見を反映する事はなく、自分自身の選択で結婚を選択する人も増えています。

 

 

その分、一緒に暮らしてみて、初めて気づく相手の生活習慣や価値観の相違に悩んで離婚する人も増えています。

 

 

その結果、中高年になって独り身になったり、若い頃に離婚して自分自身で一生懸命生きてみて、改めて独身生活の自分を見直している人もたくさんいるのです。

 

 

様々な社会状況から中高年で独身になる人が増えており、まだまだ長い人生のことを考えて中高年の婚活が盛んになってきています。

 

 

人生経験の豊富な中高年の男女が結婚を目的として婚活している為、同年代の人で結婚相手を探している人の集まりに参加して出会いを探しているのです。

 

 

中高年の婚活のトラブルとして多いのが、家族の反対に合うことです。

 

 

離婚経験があれば、子どもがいる場合も多く、財産分与の問題や心情的な部分で周囲から反対されることも少なくないのです。